AGAを改善されると期待されるプロペシア

現在身体と精神の両方に負担のかかるストレス社会と言われ、そのストレスが肉体と精神の両方の許容量を大幅に超えると体に変調をきたすことがあります。
その中でも近年問題となっているのが本来50代が悩みとしてあるはずの頭皮の問題が、それよりも若い年代である20代から30代でも起こっているのです。
その頭皮の問題というのが毛が抜け落ちて生えなくなるハゲの症状であり、これが若者世代で起こることをAGAと呼ぶのです。

このAGAとは男性型脱毛症の略称であり、これは通常のハゲは頭皮の頂点から徐々に薄くなっていき無くなることが特徴でその進行速度が遅いのです。
しかしこのAGAの場合には通常と違い顔のこめかみ部分から後退していきながら、その頭皮の毛が細くなっていきやがてM字のような形になってやがて全て抜け落ちます。
このAGAは通常と違ってその進行速度が速いため、その症状に気付いた時には数日でM字の形になっている場合があります。
このAGAになってしまう理由とは先に言った過剰にかかるストレスによってかかる負担が皮膚の中でも特に薄い部分である頭皮にかかってしまい、それに加えてハゲの原因とされる男性ホルモンの効果も相まって頭皮に十分な栄養が行かずになってしまう事が多い理由としてあります。

しかし過剰なストレスで無くともこのAGAになる可能性がある人もおり、そういった人は自分ではなく家系による遺伝によって発症することもあることも若者世代で多くなっている理由の1つと言えます。
このAGAの言葉が認識されたのは2年前から3年前と新しいのですが、現在は男性でも女性でもエチケットに関する認識度が高いことからこの言葉が流行ることに時間はかからなかったと言えます。
そのため近年ではこのAGAの治療を専門とした機関が点在するようになり、その治療法も確立されてきたのです。

その治療法の一つにあるのが、その症状を抑える薬としてプロペシアがあります。
このプロペシアとは抗男性ホルモン剤と呼ばれ、これを摂取することで体にある男性ホルモンの過剰な行動を抑制する効果があります。
本来毛が伸びて抜け落ちるメカニズムはこの男性ホルモンが大きく関係しており、この男性ホルモンの効果とは体を成長させる部分に作用して大きくする役割があるのです。
その中でも特にその頭皮にある毛根に作用して成長させる効果があり、これは男性と書いていても女性にもある程度入っていることでバランスを保っています。
しかし遺伝やストレスによって体のバランスが崩れると、この男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいそれによって男性でも女性でもハゲの原因となってしまうのです。
そこで生活習慣の乱れを治し、このストレスを分散させることをしてAGAになるリスクを軽減させます。

そのうえでこのAGAになっている場合には、このプロペシアを使って体内にある男性ホルモンを抑制することで予防できるのです。

Comments are closed.