AGAに効果のあるプロペシアはどうやって開発されたのか

AGAに効果を発揮する育毛剤として、女性でも知っている方が多いのがプロペシアです。
専門のクリニックに行くと、男性型脱毛症AGAであれば、間違いなく処方される薬なのですから、その効果のほどは推して知るべきでしょう。
AGAは、男性だけ現れる脱毛症です。
普通の加齢による薄毛と違い、あっという間に薄毛が進行してしまうこともあります。
どんな対策をしても、どんどん進行する薄毛に、お手上げ状態の男性も多いでしょう。
それが、プロペシアが登場したおかげで、薄毛は何とかなるのだと希望を持った男性は数知れません。

ところが、もともとは脱毛症のために開発された薬ではないというのですから驚きです。
1991年、男性ホルモンを抑制するために開発された薬で、前立腺肥大症の患者さんに処方されていたのですが、処方された患者の髪が増えていることに多くの医療関係者が気がつきました。
これは、育毛剤に使うことができる、そう気がつくのにそれほど時間はかからなかったでしょう。
そうして、前立せん肥大症の薬としてではなく、育毛剤としての研究が始まったのです。

とはいっても、開発はそれほど簡単なものではりませんでした。
髪が増えるという副作用に気が付いてから製品化されるまで、莫大な予算を注ぎこんで開発されたのがプロペシアです。
アメリカで認可されたのが1997年、日本ではかなり遅れて2005年に認可されました。
日本で認可されたのは、意外にも最近のことだということがわかります。
そういえば、バイアグラも狭心症の薬だったのが、偶然見つかったわけで、こんな偶然はけっこう多いのかもしれません。
前立腺肥大症の薬なのに、AGAに効果があったのは、両方に共通する男性ホルモンに関係があります。
男性ホルモンのストステロンが、酵素の働きでジヒドロテストステロンに変換されると、前立腺肥大症やAGAになってしまうことがわかっています。
プロペシアは、その変換に関わっている酵素を阻害する効果があるのです。
プロペシアの開発が成功してみると、どちらも原因が同じだったから、前立腺肥大症やAGAに効果があったのだということがわかります。
もちろん、前立腺肥大症の薬とまったく同じものではありません。
同じ物なら、これほど開発に時間がかかったりしないでしょう。

認可されてからまだ間がないため、副作用などの情報もあまり蓄積されていないという側面もあります。
それと、いくら育毛に効果があるとしても、女性は絶対使わないようにしましょう。
女性が服用すると危険であるということで、厚労省でも注意喚起を行っています。

女性は、触れるだけでも、危険な作用があると言われているほどです。
もし、男性が服用する時も、女性が手に取らないように注意しなければいけません。
それと、男性機能の低下の副作用も報告されていますから、服用する時は専門のクリニックで医師と相談しながら服用することをおすすめします。
医師と相談の上なら、安心して薄毛対策をすることができるでしょう。

Comments are closed.