プロペシアは薄毛を治す薬

薄毛を治す薬というのは、たくさんありそうで少ないのが現状で、一般的に知られているのはプロペシアくらいでしょう。
薄毛になる原因はさまざまですが、男性ホルモンの影響は無視できないものです。
男性ホルモンの分泌が多いと、「毛深くなる」と言われていますが、逆に頭髪は薄くなってしまうのです。

体毛と頭髪は同じ毛でありながら、影響するホルモンが正反対であり、体毛は男性ホルモンで濃くなり、逆に頭髪は薄くなってしまうのです。
プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬であり、医療機関で処方を受けられるものです。

育毛サロン・エステで購入できるのは育毛剤やシャンプー、サプリメントなどであり、医師の処方薬であるプロペシアを購入することはできません。
購入できるのは医療機関だけなので、医師の在籍しないサロン・クリニックで入手することはできないわけです。
AGAの治療のためには、プロペシアを6ヶ月以上飲むのが好ましいとされます。
髪の毛は日々の生活習慣の産物であり、乱れた生活習慣を積み重ねてきた結果が「薄毛」というわけです。
頭皮環境を悪くするまでには長い期間を要しますので、よくするためにも短期間では無理というわけです。
「○○日で劇的な変化」という話はありえませんので、気長に服用してください。
薄毛対策で大切なのは、ストレスやプレッシャーなどを感じない生活を送ることなのです。

薄毛であることを恥ずかしく思い、コンプレックスを感じていても、状況が改善することはないでしょう。
むしろ、悪い方向に考えるほどストレスが溜まり、髪の毛に悪い影響を与えてしまうことでしょう。
髪の毛はあらゆる毛のなかで最もデリケートだと言われており、ちょっとストレスを感じただけで、抜け毛が増えてしまうことがよくあります。
クリニックで毛髪チェックを受けると、「最近、ストレスを強く感じることがあったでしょう?」
と聞かれることがあるのです。

毛根の状態を見ると、どのような原因で抜け毛に至ったのか判断できるそうです。
髪の毛は非常にデリケートなので、プロペシアの服用を勧められると同時に、ストレスを溜めないように指示を受けることでしょう。
人間は適度なストレスを受けたほうが、仕事・作業などの効率アップを図れるものですが、ほとんどの方は適度を超えたストレスを感じており、それが髪の毛の状態に表れてしまうそうです。

ストレスの度合いが、そのまま髪の毛に現れてしまうほどデリケートなので、日常生活ではいかにストレスを溜めないで過ごすかが重要となるでしょう。
AGAは30代前半くらいから自覚症状が出てくることが多い症状です。
頭皮がベタベタと脂ぎってきて、抜け毛も増えるようになってきます。
さらに、くせ毛になるなど、髪質が変化してきたら薄毛の前兆であることが多いため、いちど毛髪クリニックの検査を受けてみるべきでしょう。
薄毛は少しずつ進行していくので、自覚症状に気づかないケースが多いですが、抜け毛本数が多いと感じられたら、ほぼ間違いなく頭皮・髪質の状態は悪化してきています。

Comments are closed.