プロペシアで黒々した髪を取り戻そう

現代人を取り囲む生活環境は、年々複雑化しています。
エネルギー問題、歴史の認識に関する問題など、かつては問題視されなかった様な出来事も、ニュースや新聞を賑わしています。
日本における個人の生活を見ても、なかなか回復しない経済状況などでストレスを抱えて生きている人が多数だと言えるでしょう。
ストレスは健康に大きな影響を与えます。

健康状態は体の末端部分に現れやすいのですが、日本で薄毛に悩む方が増えているのも、ストレス社会と無関係ではないでしょう。
特に近年、男性の薄毛の原因が解明されつつあります。

AGAという言葉をテレビコマーシャルで聞いたことのある方もいらっしゃるでしょう。
AGAはandorogeneticalopeciaの略で、日本では男性型脱毛症と名付けられています。
これは、男性ホルモンを原因とする薄毛を指す言葉です。
男性にとって最も大切なホルモンであるテストステロンは、酵素の働きでジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。
このジヒドロテストステロンは強力な男性ホルモンで、皮脂を過剰分泌させて毛髪の発育を阻害してしまいます。
このホルモンは通常の男性の毛髪の根元にも多く存在しているのですが、男性ホルモンの影響を受けやすい体質の方は特に、薄毛が発症しやすくなります。
こうした脱毛の仕組みの解明から、フィナステリドという薬品が開発されました。
フィナステリドは5αリダクターゼ酵素の働きを食い止めます。
特にⅡ型5αリダクターゼが男性ホルモンの働きを強める事から、フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼの働きだけを阻害する様になっています。
このフィナステリドを主成分としたAGA治療薬がプロペシアです。

日本では正式にAGA治療薬として販売されているのはプロペシアのみとなります。
この治療薬は、AGAの相談を受け付けているクリニックで処方してもらえる他、個人輸入代行業者などを通じて購入する事も可能です。
さて、先述のⅡ型5αリダクターゼは、特に頭頂部と前頭部に多く見られる事から、薄毛の原因として重要な物と見なされています。
この事から、プロペシアが効果があるのは、主に頭頂部と前頭部の薄毛だという事になります。
この部分の薄毛を気にされている方には大きな効果が期待出来ると言えるでしょう。

ただ、医薬品を飲めば直ちに髪が生えるのかと言うと、そうではありません。
髪には毛周期があり、髪が成長する成長期、成長が緩やかになる退行期、成長が止まり抜けるのを待つ休止期というサイクルで生え変わっていきます。
この中で成長期の期間が数年単位と最も長く、髪の毛の約90%は成長期にあります。

AGAの方はこの成長期が短くなり、すぐに抜けてしまうので他の髪の成長が追いつかずに薄毛になってしまうのです。
AGA治療は、薄毛の原因を取り除き、再び正常な毛周期のサイクルを取り戻すものです。
プロペシアの服用だけでなく、育毛剤の併用やストレスを避けて規則正しい生活習慣を身につけるなど、より早く髪が生える環境を整える事が、一早く黒々した髪を取り戻す事に繋がるでしょう。

Comments are closed.