プロペシアで薄毛を治そう

歳を取ってくると身体が老化してしまい、髪の毛も薄くなりやすくなってきますね。
特に日本人男性は、海外の男性と比較すると薄毛の方が多いと言われているようです。
私も、かつてはそのような薄毛に悩む一人でした。

仕事のストレスと老化が原因となって、40代半ばくらいから一気に髪の毛が無くなってしまったのです。
シャンプーする度に、排水溝にたくさんの抜け毛が流れていくのを見て悲しい気分になっていましたね。
このまま、薄毛や抜け毛の状態をそのままにしておいたら、50代になったらつるつるに禿げしまうのではないかと不安も覚えるようになりました。

家族からも髪の毛が薄いことを茶化されてしまい、ショックを受けましたね。
そんな風に悩んでいた時に、同じように薄毛に悩んでいる友だちから育毛薬のことを教えてもらったのです。
その友だちはプロペシアという育毛薬を使って、髪の毛を増やすことが出来たのだそうです。
その友だちの話を聞いて、私も育毛薬を使ったらよい効果が期待できるかもしれないという希望が見えてきたのです。
さっそく、プロペシアについて調べてみると、この薬はアメリカの「メルク社」が製造している薬だということが分かりました。
アメリカでは「飲む育毛薬」と呼ばれており、多くの人がこの薬によって増毛効果を得ることが出来ているとのこと。

ちなみに、このプロペシアは、海外のお薬なので日本国内にある一般の薬局では売っていないということが分かりました。
この薬を利用するためには、病院やクリニックへいって処方してもらうか、もしくは自己責任において個人輸入を行うかのどちらかになるようです。
私は、まずは医師に相談してから服用を決めた方がよいと思ったので、クリニックに行ってみました。
医師に薄毛のことを相談するのは恥ずかしかったですが、いろいろと話を聞いてもらえて的確なアドバイスもたくさんもらいましたので、勇気をだして来院して良かったと思いますね。
クリニックから処方されたプロペシアを服用し始めましたが、最初の1・2ヶ月は特に大きな変化は見られませんでした。

そのため本当に効果があるのだろうか?
と一時は薬の効果を疑ってしまったこともありました。
ですが、半年ほど服用を続けたところ、だんだんと髪の毛に変化がみられるようになったのです。
薄くて弱弱しい印象だった髪の毛にコシが出てくるようになってきたのです。
この薬を飲み始めて2年たった頃には、抜け毛も少なくなり、髪の毛の量も増えましたね。

家族も私の髪の毛の量が増えたことをとても喜んでくれました。
途中で服用を止めずに継続してよかったなと思っています。
男性型脱毛症で悩んでいる方は、医師とよく相談してからこのプロペシアの服用を考えてみるとよいかもしれませんよ。
最初の内は効果を感じにくいかもしれませんが途中であきらめずに、使い続けていくことでよい変化が起こるかもしれません。
ぜひ、試してみてください。

Comments are closed.