プロペシアで効果的な育毛

現代の社会というのは、とてもストレスの多い社会なのでしょう。
そのためか、いろいろなところにその影響が出ているような気がいます。
例えば、男性の薄毛もそうです。

歳をとって薄毛になるならある程度仕方がないと思えますが、若いのに薄毛というのはどうにもやるせないものがあります。
仕事のストレスや家庭でのストレス、20代や30代はストレス世代のかもしれません。
ストレスを受けると血流が悪くなり、その結果抜け毛が多くなるそうです。
それに、忙しいとどうしても食事が不規則になってしまいますが、それも髪環境を悪くしていうというではありませんか。

なんだか、髪に悪いことばかりしているような気がしてきました。
薄毛の悩みは、そのまま放置しておいても良い方向に向かうことはほとんどありません。
何とか薄毛を止めたいと育毛剤や育毛シャンプーに頼ってみましたが、なかなかこれは効果があったというものを見つけることができませんでした。
テレビCMでは、こんなに効果があったと宣伝しているのに、なぜ自分は効かないのだろうかと思うと情けなくなってきます。

インターネットで検索をいろいろ検索をしてみると、プロペシアというのがとても効果があることがわかりました。
これはぜひ試してみたいと思ったのですが、日本では病院で処方してもらうことになるそうです。

薄毛の悩みで病院に行くというのも微妙な感じがして、どうも行こうという気持ちが湧いてきません。
悩みが解決するかもしれないのに、自分の微妙な悩みをどう相談したらいいのかと思うと病院に行くのが億劫になるのです。

しかも、プロペシアは保険適用外であるため、すべて実費だというではありませんか。
家計も苦しいのに、薄毛の対策にそんなにお金をかけることはできません。
ところが、プロペシアはインターネットで入手できることがわかりました。
個人輸入という方法であれば、海外で販売されている医薬品を安く手に入れることができるサービスです。

プロペシアは海外からの通信販売です、また、これを行う事を個人輸入と言います。
また、その手続きを代行してくれるのが「オオサカ堂」等の「個人輸入代行業者」になります。

引用元・全文はこちら・・・プロペシアの効果

自分で個人輸入をするのは大変ですが、個人輸入サイトであれば、普通の通販サイトと同じように買い物すればいいだけと非常に手軽に利用できます。
個人輸入サイトの中でも、歴史が長く信頼できるところを利用しました。
それから、プロペシアの利用を始めたのですが、服用を初めてしばらくすると、抜け毛が格段に減った感じがしたのです。
そして、服用を始めてから3か月も経つと、なんだか髪のボリュームが出てきたような気がするではありませんか。

これなら、それほど時間がかからずに、元も頭髪の状態に戻ってくれるかもしれないと、毎日鏡を見るのが密かな楽しみになりました。
以前のボリュームもずいぶん復活し、最近では雰囲気が変わったと言われることがよくあります。
自分では変わったと思うより、人から変わったと言われたほうが嬉しいものなのだとつくづく思いました。
この調子でプロペシアを服用し、早く以前のふさふさの髪を取り戻したいものです。

安全で確かな育毛を実現したプロペシア

世の中に薄毛に悩む男性は多くいらっしゃると思います。
私もその中の一人でした。
しかし、プロペシアとの出会いが私を薄毛の悩みから救ってくれたのです、35歳を迎えた頃から、額と頭頂部の髪の薄さが気になり出した私は、育毛シャンプーや育毛剤などを色々と試してみたのですが、どれも決定的な効果は得られませんでした。

私の薄毛治療体験談

propecia60私の妻は「余り気にしない方が良いんじゃない」と言ってくれますが、自分の髪の事ですから、どうしても気になります。
しかし、薄毛は改善しないまま時間だけが過ぎ、38歳になる頃にはかなり薄毛が進行していて、「このまま禿げるしかないのかな」と嘆く事も多くなっていました。
そんな時にふとテレビコマーシャルでAGAという言葉を耳にしたのです。
それは男性の薄毛を指す言葉らしく、しかもそのコマーシャルは「薄毛はお医者さんに相談してみましょう」という内容のものだったのです。
「お医者さんでハゲが治るのかな」という私の呟きに、「一度相談してみたら」と妻が答えました。

妻の後押しもあり、お医者さんに薄毛の相談に行ってみた所、AGAである事がわかりました。
その時に紹介してもらった薬がプロペシアです。
この薬は、フィナステリドという主成分を持っていて、薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑制してくれるのだと言います。
飲み薬で薄毛の改善に効果があるというのは驚きでした。
今まで使って来た育毛シャンプーなどは、髪が生えてくると言う根拠に乏しい物でしたが、AGAの診断を受けた事で薄毛の発生原因について学ぶ事が出来ましたし、確かな根拠を持つ治療薬を手に入れることが出来ました。

プロペシアの服用は一日に一回、一錠飲むだけです。
お医者さんが言うには、効果が実感出来るまでは半年程かかるかも知れないが、根気よく続ける事が大事だということでした。
さて、実際に治療薬の服用を開始すると、まず副作用をまるで感じなかったので安心しました。
服用の初日に何か毛髪の変化を感じられる事は無かったのですが、1週間ほど経った頃には頭皮の油っぽさが少なくなっている感じがしました。
また、髪にコシが出て来ている様にも感じました。
始めは気のせいかと思いましたが、服用から一ヶ月もすると抜け毛が減っている事と、髪に確かな力強さが感じられる様になっていたのです。

その頃には、「これはイケるのかも知れない」と妻に話す様になっていました。
そして、服用開始から3ヶ月もすると、額の産毛しか生えていなかった部分にハッキリと太い髪の毛が生えて来ている事を発見しました。
その時の驚きは今でも忘れられません。
それからも、私はプロペシアを服用し続けました。
そして一年が過ぎる頃には、頭頂部にはフサフサと髪が生え、後退していた額も明らかに髪が復活して元通りに近い状態になっていたのです。
全ての薄毛がAGAというわけではありませんし、その人の体質によって薄毛の解決方法は変わってくると思います。
ですが、私の場合はプロペシアによって、確かに髪を取り戻す事が出来たのでした。

プロペシアで黒々した髪を取り戻そう

現代人を取り囲む生活環境は、年々複雑化しています。
エネルギー問題、歴史の認識に関する問題など、かつては問題視されなかった様な出来事も、ニュースや新聞を賑わしています。
日本における個人の生活を見ても、なかなか回復しない経済状況などでストレスを抱えて生きている人が多数だと言えるでしょう。
ストレスは健康に大きな影響を与えます。

健康状態は体の末端部分に現れやすいのですが、日本で薄毛に悩む方が増えているのも、ストレス社会と無関係ではないでしょう。
特に近年、男性の薄毛の原因が解明されつつあります。

AGAという言葉をテレビコマーシャルで聞いたことのある方もいらっしゃるでしょう。
AGAはandorogeneticalopeciaの略で、日本では男性型脱毛症と名付けられています。
これは、男性ホルモンを原因とする薄毛を指す言葉です。
男性にとって最も大切なホルモンであるテストステロンは、酵素の働きでジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。
このジヒドロテストステロンは強力な男性ホルモンで、皮脂を過剰分泌させて毛髪の発育を阻害してしまいます。
このホルモンは通常の男性の毛髪の根元にも多く存在しているのですが、男性ホルモンの影響を受けやすい体質の方は特に、薄毛が発症しやすくなります。
こうした脱毛の仕組みの解明から、フィナステリドという薬品が開発されました。
フィナステリドは5αリダクターゼ酵素の働きを食い止めます。
特にⅡ型5αリダクターゼが男性ホルモンの働きを強める事から、フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼの働きだけを阻害する様になっています。
このフィナステリドを主成分としたAGA治療薬がプロペシアです。

日本では正式にAGA治療薬として販売されているのはプロペシアのみとなります。
この治療薬は、AGAの相談を受け付けているクリニックで処方してもらえる他、個人輸入代行業者などを通じて購入する事も可能です。
さて、先述のⅡ型5αリダクターゼは、特に頭頂部と前頭部に多く見られる事から、薄毛の原因として重要な物と見なされています。
この事から、プロペシアが効果があるのは、主に頭頂部と前頭部の薄毛だという事になります。
この部分の薄毛を気にされている方には大きな効果が期待出来ると言えるでしょう。

ただ、医薬品を飲めば直ちに髪が生えるのかと言うと、そうではありません。
髪には毛周期があり、髪が成長する成長期、成長が緩やかになる退行期、成長が止まり抜けるのを待つ休止期というサイクルで生え変わっていきます。
この中で成長期の期間が数年単位と最も長く、髪の毛の約90%は成長期にあります。

AGAの方はこの成長期が短くなり、すぐに抜けてしまうので他の髪の成長が追いつかずに薄毛になってしまうのです。
AGA治療は、薄毛の原因を取り除き、再び正常な毛周期のサイクルを取り戻すものです。
プロペシアの服用だけでなく、育毛剤の併用やストレスを避けて規則正しい生活習慣を身につけるなど、より早く髪が生える環境を整える事が、一早く黒々した髪を取り戻す事に繋がるでしょう。

AGAに効果のあるプロペシアはどうやって開発されたのか

AGAに効果を発揮する育毛剤として、女性でも知っている方が多いのがプロペシアです。
専門のクリニックに行くと、男性型脱毛症AGAであれば、間違いなく処方される薬なのですから、その効果のほどは推して知るべきでしょう。
AGAは、男性だけ現れる脱毛症です。
普通の加齢による薄毛と違い、あっという間に薄毛が進行してしまうこともあります。
どんな対策をしても、どんどん進行する薄毛に、お手上げ状態の男性も多いでしょう。
それが、プロペシアが登場したおかげで、薄毛は何とかなるのだと希望を持った男性は数知れません。

ところが、もともとは脱毛症のために開発された薬ではないというのですから驚きです。
1991年、男性ホルモンを抑制するために開発された薬で、前立腺肥大症の患者さんに処方されていたのですが、処方された患者の髪が増えていることに多くの医療関係者が気がつきました。
これは、育毛剤に使うことができる、そう気がつくのにそれほど時間はかからなかったでしょう。
そうして、前立せん肥大症の薬としてではなく、育毛剤としての研究が始まったのです。

とはいっても、開発はそれほど簡単なものではりませんでした。
髪が増えるという副作用に気が付いてから製品化されるまで、莫大な予算を注ぎこんで開発されたのがプロペシアです。
アメリカで認可されたのが1997年、日本ではかなり遅れて2005年に認可されました。
日本で認可されたのは、意外にも最近のことだということがわかります。
そういえば、バイアグラも狭心症の薬だったのが、偶然見つかったわけで、こんな偶然はけっこう多いのかもしれません。
前立腺肥大症の薬なのに、AGAに効果があったのは、両方に共通する男性ホルモンに関係があります。
男性ホルモンのストステロンが、酵素の働きでジヒドロテストステロンに変換されると、前立腺肥大症やAGAになってしまうことがわかっています。
プロペシアは、その変換に関わっている酵素を阻害する効果があるのです。
プロペシアの開発が成功してみると、どちらも原因が同じだったから、前立腺肥大症やAGAに効果があったのだということがわかります。
もちろん、前立腺肥大症の薬とまったく同じものではありません。
同じ物なら、これほど開発に時間がかかったりしないでしょう。

認可されてからまだ間がないため、副作用などの情報もあまり蓄積されていないという側面もあります。
それと、いくら育毛に効果があるとしても、女性は絶対使わないようにしましょう。
女性が服用すると危険であるということで、厚労省でも注意喚起を行っています。

女性は、触れるだけでも、危険な作用があると言われているほどです。
もし、男性が服用する時も、女性が手に取らないように注意しなければいけません。
それと、男性機能の低下の副作用も報告されていますから、服用する時は専門のクリニックで医師と相談しながら服用することをおすすめします。
医師と相談の上なら、安心して薄毛対策をすることができるでしょう。

男性特有の薄毛に効果的なプロペシア

薄毛の原因にはいろいろなものがあります。
生活習慣の乱れやストレスなど、挙げだしたらキリがないほどです。
そのなかで、男性特有の薄毛であるAGAは、男性ホルモンのバランスが悪いことや遺伝によって起こります。
頭頂部や側頭部が薄くなってくる特徴があり、そのまま放っておくと薄くなっていくばかりだというのですから、男性にとっては非常に気になるものです。
薄毛に気が付いたのはもう5年ほど前のことです。

propecia61薄毛には早め早めのヘアケアが重要だといいますが、実際薄くなってきたなと感じていたとしても、いったいどんなヘアケアをすればいいのか迷います。
専門クリニックに行くという方法もありますが、通うためには時間も費用もかかりますし、なんだか恥ずかしい気もするものです。
そこで、効きそうな育毛シャンプーを買ってきて、清潔にすることから始めてみました。
過剰な頭皮の皮脂が、抜け毛の原因になることくらいは知っています。
ヘアケアが大事だっていうんですから、まず皮脂を落とすことから始めることにしたのです。
見よう見真似でマッサージも初めて、育毛剤も使ってみることにしました。
それでも、薄毛の進行が止まったとか、まして薄毛が改善されたという気が全然しません。

この頃は、ちょっとした焦りを感じていました。
生活習慣の改善も必要だと聞いてから、健康的な生活をしてきた努力が今頃実ったのかもしません。
夜型だった生活を、朝方になるように努力をして、髪の成分になるからと、良質なたんぱく質を摂るように努力しました。
体質を改善するには、最低でも3年かかかると聞きましたが、髪に良いと聞いたことは何でもやってきたのですから、少しくらいは改善の兆しくらいは出ても良さそうなものだ、もう何をやっても無駄なのかという気がしてきていたのです。
そんな時、病院に通うと、プロペシアという医薬品が処方されることを知りました。

医薬品であれば、ヘアケアよりもずっと効果がありそうな気がしませんか。
プロペシアは、同じく育毛効果のあるミノキシジルと一緒に使用すると、相乗効果があるそうです。
ちゃんとヘアケアをして皮脂を取り除いてから、育毛剤を利用すること、そして同時にプロペシアを服用すると、劇的な効果があるといいます。
藁にもすがる思いで試してみると、確かに抜け毛が止まり、なんだか薄かった部分が濃くなってきた気さえしてきました。
ちゃんと効いているとわかると張り合いも出てくるもので、今はせっせとヘアケアに励んでいます。

男性型脱毛症は男性ホルモンの影響だけでなく、遺伝も影響するそうですから、誰もが効果を感じられるとは限りません。
ですが、個人差はあるものの、服用することでなんらかの効果を実感することはできます。
今では、プロペシアも個人輸入で手軽に手に入れることができますから、専門のクリニックに受診しなければならないという壁を乗り越える必要はありません。
ただ、多く飲めばいいというものではないので、用量用法はちゃんと守ることが必要です。

プロペシアは薄毛を治す薬

薄毛を治す薬というのは、たくさんありそうで少ないのが現状で、一般的に知られているのはプロペシアくらいでしょう。
薄毛になる原因はさまざまですが、男性ホルモンの影響は無視できないものです。
男性ホルモンの分泌が多いと、「毛深くなる」と言われていますが、逆に頭髪は薄くなってしまうのです。

体毛と頭髪は同じ毛でありながら、影響するホルモンが正反対であり、体毛は男性ホルモンで濃くなり、逆に頭髪は薄くなってしまうのです。
プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬であり、医療機関で処方を受けられるものです。

育毛サロン・エステで購入できるのは育毛剤やシャンプー、サプリメントなどであり、医師の処方薬であるプロペシアを購入することはできません。
購入できるのは医療機関だけなので、医師の在籍しないサロン・クリニックで入手することはできないわけです。
AGAの治療のためには、プロペシアを6ヶ月以上飲むのが好ましいとされます。
髪の毛は日々の生活習慣の産物であり、乱れた生活習慣を積み重ねてきた結果が「薄毛」というわけです。
頭皮環境を悪くするまでには長い期間を要しますので、よくするためにも短期間では無理というわけです。
「○○日で劇的な変化」という話はありえませんので、気長に服用してください。
薄毛対策で大切なのは、ストレスやプレッシャーなどを感じない生活を送ることなのです。

薄毛であることを恥ずかしく思い、コンプレックスを感じていても、状況が改善することはないでしょう。
むしろ、悪い方向に考えるほどストレスが溜まり、髪の毛に悪い影響を与えてしまうことでしょう。
髪の毛はあらゆる毛のなかで最もデリケートだと言われており、ちょっとストレスを感じただけで、抜け毛が増えてしまうことがよくあります。
クリニックで毛髪チェックを受けると、「最近、ストレスを強く感じることがあったでしょう?」
と聞かれることがあるのです。

毛根の状態を見ると、どのような原因で抜け毛に至ったのか判断できるそうです。
髪の毛は非常にデリケートなので、プロペシアの服用を勧められると同時に、ストレスを溜めないように指示を受けることでしょう。
人間は適度なストレスを受けたほうが、仕事・作業などの効率アップを図れるものですが、ほとんどの方は適度を超えたストレスを感じており、それが髪の毛の状態に表れてしまうそうです。

ストレスの度合いが、そのまま髪の毛に現れてしまうほどデリケートなので、日常生活ではいかにストレスを溜めないで過ごすかが重要となるでしょう。
AGAは30代前半くらいから自覚症状が出てくることが多い症状です。
頭皮がベタベタと脂ぎってきて、抜け毛も増えるようになってきます。
さらに、くせ毛になるなど、髪質が変化してきたら薄毛の前兆であることが多いため、いちど毛髪クリニックの検査を受けてみるべきでしょう。
薄毛は少しずつ進行していくので、自覚症状に気づかないケースが多いですが、抜け毛本数が多いと感じられたら、ほぼ間違いなく頭皮・髪質の状態は悪化してきています。

プロペシアの特徴と2つの注意点

プロペシアとは、育毛のための薬です。
「最近生え際が薄くなってきた」などと考えている方々は世間では多いものですが、そのような症状を改善するために用いられます。
その薬は、各病院などで用いられているケースが多いです。
病院の中には育毛を促進するための施術を行っているところもあるのですが、そこで処方される薬の1つなのですね。
過去にその薬を服用している方々は、多数いらっしゃいます。
では「服用した方々に対して効果が出ているのか」と言うと、出ている状況のようです。
インターネットでの様々なところでその薬に対する口コミが投稿されていますが、効果が見られたというクチコミは幾つか見られます。
その薬は、もともとは前立腺に障害がある方に対して開発されたそうなのです。
ところがある時、その薬を処方した方に対して発毛が促進されました。
それが引き金となって、多くのクリニックで用いられるようになったそうです。
偶然の産物というところでしょうか。
ところでなぜ育毛が促進されるかと言うと、その薬の中に含まれているフィナステリドと呼ばれる成分が関係してきます。
フィナステリドには、ホルモンのバランスを整えてくれる働きがあるのです。
冒頭で申し上げた「生え際が薄くなる」などの症状は、男性ホルモンが原因ではないかと言われています。
男性ホルモンが毛根にある物質と結びついてしまって、抜け毛を促進すると言われているのです。
男性ホルモンに原因がある訳ですが、フィナステリドはホルモンをうまく調整してくれます。
その結果、抜け毛の防止などにつながってくるという訳ですね。
ただし気をつけるべきなのは、フィナステリドには副作用があります。
一部の方々にとっては、その成分が悪い方向に働いてしまっている事例もあるそうです。
それを防止するためには、やはりクリニックの指示を守る事が大事だと思います。
クリニックからはどのように服用するべきなのか色々と指示されるものですが、その指示を厳守する事が重要ではないでしょうか。
そして万が一フィナステリドで副作用が発生した場合には、医師にそれを見てもらうのが良いと思います。
ただしその副作用が発生している確率は、少ないようです。
一部の方々に対しては副作用が発生している事は、ちょっと覚えておいた方が良いでしょう。
それともう1つ注意点があります。
プロペシアの効果が発揮されるのは、ちょっと時間がかかるものです。
服用してから1ヶ月前後で効果が発揮されるような薬ではありません。
1ヶ月前後というより、数ヶ月は待つべき薬なのです。
その薬は即効性を期待すると言うより、やや長い目で見た方が良いでしょう。
以上をまとめるとプロペシアとはホルモン調整を行う事で育毛促進を行ってくれる薬であり、それは多くの方々に対して効果は出ている訳です。
ただし人によっては副作用が発生する場合がある点と、短期間で効果が発揮されるものではないという2点には要注意かと思います。

AGAを改善されると期待されるプロペシア

現在身体と精神の両方に負担のかかるストレス社会と言われ、そのストレスが肉体と精神の両方の許容量を大幅に超えると体に変調をきたすことがあります。
その中でも近年問題となっているのが本来50代が悩みとしてあるはずの頭皮の問題が、それよりも若い年代である20代から30代でも起こっているのです。
その頭皮の問題というのが毛が抜け落ちて生えなくなるハゲの症状であり、これが若者世代で起こることをAGAと呼ぶのです。

このAGAとは男性型脱毛症の略称であり、これは通常のハゲは頭皮の頂点から徐々に薄くなっていき無くなることが特徴でその進行速度が遅いのです。
しかしこのAGAの場合には通常と違い顔のこめかみ部分から後退していきながら、その頭皮の毛が細くなっていきやがてM字のような形になってやがて全て抜け落ちます。
このAGAは通常と違ってその進行速度が速いため、その症状に気付いた時には数日でM字の形になっている場合があります。
このAGAになってしまう理由とは先に言った過剰にかかるストレスによってかかる負担が皮膚の中でも特に薄い部分である頭皮にかかってしまい、それに加えてハゲの原因とされる男性ホルモンの効果も相まって頭皮に十分な栄養が行かずになってしまう事が多い理由としてあります。

しかし過剰なストレスで無くともこのAGAになる可能性がある人もおり、そういった人は自分ではなく家系による遺伝によって発症することもあることも若者世代で多くなっている理由の1つと言えます。
このAGAの言葉が認識されたのは2年前から3年前と新しいのですが、現在は男性でも女性でもエチケットに関する認識度が高いことからこの言葉が流行ることに時間はかからなかったと言えます。
そのため近年ではこのAGAの治療を専門とした機関が点在するようになり、その治療法も確立されてきたのです。

その治療法の一つにあるのが、その症状を抑える薬としてプロペシアがあります。
このプロペシアとは抗男性ホルモン剤と呼ばれ、これを摂取することで体にある男性ホルモンの過剰な行動を抑制する効果があります。
本来毛が伸びて抜け落ちるメカニズムはこの男性ホルモンが大きく関係しており、この男性ホルモンの効果とは体を成長させる部分に作用して大きくする役割があるのです。
その中でも特にその頭皮にある毛根に作用して成長させる効果があり、これは男性と書いていても女性にもある程度入っていることでバランスを保っています。
しかし遺伝やストレスによって体のバランスが崩れると、この男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいそれによって男性でも女性でもハゲの原因となってしまうのです。
そこで生活習慣の乱れを治し、このストレスを分散させることをしてAGAになるリスクを軽減させます。

そのうえでこのAGAになっている場合には、このプロペシアを使って体内にある男性ホルモンを抑制することで予防できるのです。

プロペシアで薄毛を治そう

歳を取ってくると身体が老化してしまい、髪の毛も薄くなりやすくなってきますね。
特に日本人男性は、海外の男性と比較すると薄毛の方が多いと言われているようです。
私も、かつてはそのような薄毛に悩む一人でした。

仕事のストレスと老化が原因となって、40代半ばくらいから一気に髪の毛が無くなってしまったのです。
シャンプーする度に、排水溝にたくさんの抜け毛が流れていくのを見て悲しい気分になっていましたね。
このまま、薄毛や抜け毛の状態をそのままにしておいたら、50代になったらつるつるに禿げしまうのではないかと不安も覚えるようになりました。

家族からも髪の毛が薄いことを茶化されてしまい、ショックを受けましたね。
そんな風に悩んでいた時に、同じように薄毛に悩んでいる友だちから育毛薬のことを教えてもらったのです。
その友だちはプロペシアという育毛薬を使って、髪の毛を増やすことが出来たのだそうです。
その友だちの話を聞いて、私も育毛薬を使ったらよい効果が期待できるかもしれないという希望が見えてきたのです。
さっそく、プロペシアについて調べてみると、この薬はアメリカの「メルク社」が製造している薬だということが分かりました。
アメリカでは「飲む育毛薬」と呼ばれており、多くの人がこの薬によって増毛効果を得ることが出来ているとのこと。

ちなみに、このプロペシアは、海外のお薬なので日本国内にある一般の薬局では売っていないということが分かりました。
この薬を利用するためには、病院やクリニックへいって処方してもらうか、もしくは自己責任において個人輸入を行うかのどちらかになるようです。
私は、まずは医師に相談してから服用を決めた方がよいと思ったので、クリニックに行ってみました。
医師に薄毛のことを相談するのは恥ずかしかったですが、いろいろと話を聞いてもらえて的確なアドバイスもたくさんもらいましたので、勇気をだして来院して良かったと思いますね。
クリニックから処方されたプロペシアを服用し始めましたが、最初の1・2ヶ月は特に大きな変化は見られませんでした。

そのため本当に効果があるのだろうか?
と一時は薬の効果を疑ってしまったこともありました。
ですが、半年ほど服用を続けたところ、だんだんと髪の毛に変化がみられるようになったのです。
薄くて弱弱しい印象だった髪の毛にコシが出てくるようになってきたのです。
この薬を飲み始めて2年たった頃には、抜け毛も少なくなり、髪の毛の量も増えましたね。

家族も私の髪の毛の量が増えたことをとても喜んでくれました。
途中で服用を止めずに継続してよかったなと思っています。
男性型脱毛症で悩んでいる方は、医師とよく相談してからこのプロペシアの服用を考えてみるとよいかもしれませんよ。
最初の内は効果を感じにくいかもしれませんが途中であきらめずに、使い続けていくことでよい変化が起こるかもしれません。
ぜひ、試してみてください。